スーパーホテルで働くベンチャー支配人の情報メディア

ホテル支配人の平均年収はいくら?キャリアップの流れ&必要なスキル

ホテル支配人の平均年収はいくらくらいかご存知ですか?

どんな仕事をする上でも、まず気になるのが年収。ホテル業界の年収を調べてみると、「仕事が忙しい割に給料は低い…」なんて言葉をよく目にします。

確かに、一般従業員の場合は、それほど年収は高くないとも言えます。
しかし、支配人ともなれば同年代の平均年収以上の収入を得ている人がたくさんいます!

本記事は、ホテル支配人の具体的な平均年収、支配人になるまでのキャリアアップなどについてお伝えしていきます。

ホテル支配人の平均年収は1,000万円クラスって本当?

スーパーホテル

まずは、ホテル支配人の平均年収やボーナスについてお伝えします。

ホテル支配人の平均年収

ホテル支配人の平均年収は、責任者というポジションで働くため、比較的高めの傾向があります。

年齢や経験にもよりますが、年収500万円〜700万円程度であることが多いです。

またホテルの規模によっても大きく異なり、大手や外資系のホテル支配人になると、年収1,000万円〜2,000万円ということもあります。

組織を統括する立場であるホテル支配人は、比較的高収入なため、他業種からの転職者も多い職業の一つです。

ホテル支配人のボーナス(賞与)

ホテルの正社員で支配人として働く場合、他の従業員と同様にボーナスを受け取ることができます。

支配人のボーナスは業績によって左右されることが多く、あらかじめ定められた賞与を上限とした金額の中で支払われることが多いです。

景気によって経営状況が大きく左右されるのも、宿泊・観光業界の特徴の一つ。
景気が良ければ、その分旅行をする人も増えて売上が上がるので、ボーナスの金額が増える可能性が高くなります。

業績が悪ければ、定められている賞与の上限の50%~60%程度のボーナスになることもあります。昨今のコロナ禍といった状況で、業績が悪化し賞与の額が減る可能性もあります。

ホテル支配人になるまでのキャリアアップについて

ホテル支配人

次に、ホテル支配人になるまでのキャリアアップについてお伝えします。

今回は、未経験からホテル支配人になるまでの一般的なキャリアップの流れを参考に紹介します。

※スーパーホテルのベンチャー支配人のルートとは異なります。

流れ1:従業員としてホテルに入社

まずは、一般的な従業員としてホテルに入社することから始める方がほとんどです。

入社後、支配人や先輩従業員のサポートを受けながら、ホテルの仕事における接客やマナー、管理業務などを覚えていきます。

基本的には、まず接客面を学ぶことから始まり、ホテルで働く人間として適切なホスピタリティ能力を高めていきます。

従業員として経験を積み重ねることで、仕事の幅が広がることはもちろん、年収も上がっていくでしょう。

流れ2:従業員から副支配人へ

従業員として経験を積んでいけば、次に副支配人になることができます。

副支配人になれば、より責任感のある仕事を担当することになり、従業員の指導や採用業務を任せられることもあります。

また支配人のサポート業務をすることも多く、ホテル全体の管理業務、サービス企画、広報など、幅広い業務に携わることも可能です。

副支配人になれば、担当する業務が増える分、従業員よりも年収が上がることは言うまでもありません。

早い人であれば、従業員としてホテルに入社後、1年〜2年で副支配人に昇進するケースもありますよ。

流れ3:副支配人から支配人へ

副支配人として実績を積み重ねていけば、次はいよいよ支配人になります。

支配人になるまでには、マネジメント能力を高めることはもちろん、ホテルにおけるサービスのすべてを把握する必要があります。

またやる気や熱意だけでなく、支配人としてホテルを上手く運営するための素質を認めていただけるかもポイントです。

当然のことながら、支配人になれば、ホテル運営の責任者として高い能力が求められます。
一方で、年収が上がることは間違いありません。

ホテル支配人に求められる4つのスキル

ホテル支配人 スキル

ホテル支配人になるためには、ある程度経験を積んで、自分の能力を高めていく必要があります。具体的には、次の4つのスキルを高めることができれば、ホテル支配人に近づけますよ。

スキル1:数字を正確に読み解く能力

ホテル支配人に求められるスキルの一つ目は、数字を正確に読み解く能力です。ホテルの業績管理を行うためには、正しく数字を分析しなければなりません。

特に損益計算書、損益分岐点、稼働率などに関する知識は必須です。

具体的な目安としては、簿記3級レベルの知識は最低でも持っておいた方が、スムーズに業務を行うために良いでしょう。

スキル2:英語・中国語を中心とした語学力

近年のインバウンド需要の高まりによって、日本を訪れる外国人は増えています。

ホテル業においても、外国人観光客を獲得することは、業績を上げる大きな鍵となること間違いありません。

ホテル支配人として活躍するためには、語学力が重宝されることでしょう。

日本語以外では、英語と中国語が特に使用頻度が高いため、身につけておくに越したことはありません。

英語や中国語を話すことができれば、外国人観光客の顧客満足度にもつながり、リピートや友人の紹介などにつながります。

しかしながら、ホテルによってはポケトーク(翻訳機)が常設されていることもあり、必ずしも言葉すべてを理解する必要はありません。

可能であれば、ホテル内で使う言葉だけでも覚えてみることをおすすめします。

スキル3:高いコミュニケーション能力

コミュニケーション能力も、ホテル支配人に求められるスキルと言えます。

ホテル支配人になれば、日々多くの方と接しながら仕事をしなければなりません。

従業員はもちろん、お客様、取引先業者など、あらゆる場においてコミュニケーションの機会があります。

立場上、自分からコミュニケーションを図ることが多くなるので、どんな人にも積極的に声をかけられるかどうかは重要です。

支配人が円滑に従業員とコミュニケーションを図ることができれば、ホテル全体の雰囲気が良くなり、円滑に運営が回るようになりますよ。

スキル4:従業員を育成するマネジメント能力

もう一つホテル支配人に必要なスキルは、マネジメント能力です。

従業員を育成し、立派なホテルマンに育てていくことは、ホテル経営を成功させるために大切なことです。

そのため、物事を冷静に分析し、現状の課題を的確に見極め、必要なタイミングで必要なことを伝えていかなくてはなりません。

万が一、問題を抱えている従業員がいたときには、いち早くその問題に気づき、対策を打つ必要があります。

組織経営を行う立場にある以上、正しいマネジメントを行い、ホテルを良い方向に導く役割にならなくてはなりません。

ホテル支配人ならではの仕事のやりがいとは

ホテル支配人 やりがい

最後に、ホテル支配人ならではの仕事のやりがいについてお伝えします。

ホテル支配人になれば、単に年収が上がるだけでなく、さまざまなやりがいを感じることができますよ。

やりがい1:自分の意思でホテルの方向性を決められる

支配人の一つ目のやりがいは、自分の意思でホテルの方向性を決められることです。

ホテルという一つの組織の方向性を決めて、従業員の先頭に立って指揮を取り、目標達成に向かっていきます。

他の仕事では、自分で方向性や目標を決められるのは、企業の社長クラスの人しかいないので、なかなか味わうことのできないやりがいだと言えます。

自分が決めた目標に向かって、従業員とともに突き進み、達成できたときの喜びは代えがたいものです。

やりがい2:お客様から直接喜びの声を聞くことができる

お客様から直接喜びの声が聞けるのも、ホテル支配人の大きなやりがいです。

ホテルで働いていると、「ありがとう」「また泊まりに来ます」と言っていただける場面が多々あります。

従業員の立場でも、お客様から感謝を伝えていただけることがありますが、支配人になれば団体様やVIPのお客様の声を聞くことが多くなります。

感謝の言葉をいただけると、モチベーションの向上につながり、仕事のやりがいを大きく感じることができますよ。

やりがい3:幅広いスキルを身につけることができる

ホテル支配人として働けば、幅広いスキルを身につけることができます。

コミュニケーションスキル、マネジメント能力、危機管理能力など、あらゆるスキルが身に付き、自分の価値を高めることが可能です。

日々の業務の中で、どんどんスキルが身についていくのを実感できるので、自分に自信を持つこともできます。

慣れるまでは仕事が大変と思うこともありますが、できることが増えていくと「やってよかった」と強いやりがいを感じられる場面が多い仕事ですよ。

ホテル支配人を目指したい方におすすめの制度

ホテル支配人 制度

この記事では、ホテル支配人の平均年収、支配人になるまでのキャリアステップなどについてお伝えしてきました。

ホテル支配人の年収は500万円〜700万円程度が一般的で、大手や外資系ホテルの支配人では年収1,000万円〜2,000万円クラスの人もいます。

責任者という立場上やることもたくさんありますが、その分高収入が得られる仕事です。

支配人になるまでのキャリアステップには様々な形がありますが、スーパーホテルでは『Super Dream Project』制度を用意しています。

Super Dream Projectは、50日間の研修ののちに、ベンチャー支配人として4年間の業務委託期間、ホテル1棟の運営をお任せする制度。

ホテル経営のノウハウが学べることはもちろん、4年間で2,000万円近くの貯金ができることから、起業・独立といった夢を持った多数の方が活躍されています。

90%以上の支配人が未経験からスタートしており、ご夫婦・カップルなど男女ペアで応募することが可能です。

少しでもホテル支配人の仕事に興味をお持ちの方は、下記リンクから説明会にご参加ください。

www.superhotel.co.jp

また、スーパーホテルのSuper Dream Project制度を利用した方の中には、経営者としてのビジネスノウハウを学び、その後自分の夢を叶えられた方もたくさんいらっしゃいます。

具体的には、スーパーホテルで働きながら5000万円の貯蓄に成功し、独立して居酒屋を経営したり、リハビリ型デイサービスを立ち上げられた方もおられます。

独立 開業

Super Dream Projectには、ホテル支配人として経験を積むだけでなく、その後の夢も叶えられる体制が整っているのです。

独立して叶えたい夢を持っておられる方は、参考に夢を実現した先輩オーナーのインタビュー記事をご覧ください。

www.sh-dream.jp