スーパーホテルで働くベンチャー支配人の情報メディア

ホテル経営のリスクとは?経営成功へのカギと失敗を防ぐ4つの対策

ホテル経営リスク


観光立国を目指し、2030年までに6000万人の訪日外国人数を目標に掲げる日本では、ここ数年で新たなホテルが急激に増加しています。

しかし、そうしたホテルの中には、残念ながら経営が軌道に乗らず廃業に追い込まれるケースも少なくありません。
そのため、ホテル経営を始める際には、リスクを踏まえ、経営に失敗しないための対策などについてもしっかりと把握しておく必要があります。

本記事では、ホテル経営において考えられるリスクや、失敗を防ぐために取り入れるべき対策について解説していきます。
また、スーパーホテルでは業務委託契約のベンチャー支配人を募集しており、リスクを最小限にしつつ経営ノウハウを学べる制度が整っています。参考に合わせてご覧くださいね。

ホテル経営のリスクとは?

ホテル経営リスク


ホテルに限らず、どのような事業を経営する場合でも、リスクはつきものですよね。
ホテルを開業するにあたって、どのようなリスクが生じるのでしょうか?
ここでは、ホテル経営で考えられるふたつのリスクについて解説していきます。

リスク1|膨大なコストがかかる

ホテルの形態や規模によって必要な資金には差がありますが、土地や建物の建設費、設備や機器の購入費なども含めて、一般的に数千万円~数億円の初期費用と言われています。

また、経営をスタートした後も、人件費や食材費、光熱費など運営には費用がかかります。そのため、計画通りに集客できず十分な利益に結びつかなかった場合には、赤字経営に陥ってしまうリスクがあるのです。

そのため、初期費用のかけすぎや現実的でない収益計画などには注意が必要です。

リスク2|景気の動向に左右されやすい

ホテルに限ったことではありませんが、特に観光業やサービス業は景気やインバウンド需要の影響を受けやすい業種です。

景気が上向いていたり、外国人観光客の需要が高まっている時期には大きな収益を得られる反面、不景気やインバウンド需要が伸び悩む時期には経営が苦しくなるケースも。

また、昨今のコロナ禍のような、誰にも予測不可能な事態もありえます。

そのため、ホテルの経営には、景気の動向に関わらず安定した集客を得られるサービスの工夫が求められるのです。

ホテル経営成功の3つのポイント

ホテル経営 成功


ホテル経営は、コストや景気の影響といったリスクはあるものの、リスクを回避できれば大きな収益にもつながる夢のある事業です。

どのようなことに気をつければ、経営成功へと近づけるのでしょうか?

ここでは、コンセプトや価格設定、投資と削減のバランスを取ることなど、経営成功へのポイントをご紹介します。

ホテル経営成功のポイント1|明確な経営コンセプト

宿泊客の方にとって、目的や人数、一緒に行くメンバーや場所によって、ホテルを選ぶ基準は変わるもの。

お客様に選ばれるホテルを経営するには、明確なコンセプトを掲げる必要があります。

例えば、「ラグジュアリーで非日常が味わえるホテル」や「小さな子ども連れでも安心して過ごせるホテル」、「安くて駅から近い清潔なホテル」など、コンセプトが明確だと、利用者にとっても選びやすいですよね。

ホテル経営を始める際には、利用するお客様の立場に立ったコンセプトを考えることが大切です。

ただし、立地やターゲットとコンセプトがマッチしていなかったり、支配人の趣味や理想を追い求めたようなホテルは、失敗に陥る可能性も。

実際にお客様に選ばれているホテルの多くが、立地やターゲット層に沿った明確なコンセプトを掲げ、ニーズに対して利用者の立場に立ったプラスアルファのサービスを提供しています。

ホテル経営成功のポイント2|時代や需要に合った適正な価格設定

経営がうまくいかなくなってたホテルの失敗要因として挙げられるのが、価格設定が適切でなかったということ。

時代の変化に合わない創業当時の高い価格設定では、新設で価格の安いホテルに負けてしまいます。かといって、競合を意識して過度に値下げをすることもおすすめできません。

高すぎず安すぎない適正な価格にする必要があり、オーナーや支配人の腕の見せ所と言えます。

また、客室の稼働率が計画を下回ってしまうことで収益のバランスが取れなくなってしまったというケースも。

時代の流れや想定される稼働率、立地やお客様層に沿った適切な価格設定を行うことが、無理のない安定した経営にも繋がるのです。

ホテル経営成功のポイント3|設備投資とコストのバランス

開業するにあたって膨大な資金が必要なため、コストを削減することも必要です。しかし、コスト削減を考える際には、削るべき部分としっかりと投資すべき部分を見極めることが大切です。

例えば、お客様に快適に過ごしていただくために必要な設備や、食事の質を下げることはよくありません。結果的にお客様からの評価が下がり、経営失敗に陥ってしまうことも。

お客様のために必要な設備にはしっかりと投資をしながら、ICTなどの活用により人件費を見直すなど、投資と削減のバランスを取ることが経営成功への糸口にもなるでしょう。

ホテル経営失敗を防ぐための4つの対策

ホテル経営 スキル


ホテル経営の失敗を防ぐためには、リスクを踏まえて入念なリサーチや事前準備が必要です。
ここでは、経営失敗へのリスクを防ぐために経営に取り入れるべき「4つの対策」についてご紹介します。

ホテル経営対策1|インターネットでの集客UP

ホテル選びから予約まで、すべてインターネット上で行うのが当たり前の時代。ホテル選びから予約まで、すべてインターネット上で行うのが当たり前の時代。ホテル情報の検索を上位に表示させるために、効果的なSEO対策を講じることで、集客にも大きく影響します。

例えば、ホームページ上に検索頻度の高いキーワードを散りばめ、豊富な情報を盛り込むことで検索エンジンに有益な情報と認知され、上位表示されやすくなると言われています。SEOを意識したホームページづくりやこまめな情報の更新が、アクセス数アップにもつながるのです。

また、 インターネットの集客対策としては、リスティング広告という方法もあります。これは、キーワードごとに定められている広告枠に有料広告を出すという方法。例えば、「京都 ホテル」というキーワードの広告枠の場合、同じキーワードで検索したユーザーの検索ページにホテルの広告が載るのです。

このように、SEO対策やリスティング広告を効果的に利用することで、インターネット上での集客アップにつながり、安定した経営が築けるのです。

ホテル経営対策2|最新の数字を分析する

しっかりとした経営基盤を築くには、数字に基づいた根拠ある価格設定や稼働率の想定、人員の配置などを行うことが大切です。

先にも述べたように、時代に合わないサービスや価格設定は失敗につながりやすいもの。最新の情報や数字を常に把握しながら分析を行うことが重要なのです。

また、昨今はICTの活用やAIの導入などにより、正確な分析をスピーディにできるようになっています。
ぜひそういった技術も活用しながら、適正な価格設定や稼働率の想定に役立ててみてください。

ホテル経営対策3|フランチャイズ契約での経営

「ホテル経営をはじめたいけれど、資金や運営面で不安がある。」

そんな方にとって心強いのがフランチャイズ契約です。

フランチャイズ契約は、運営会社に対して保証金やロイヤリティなどの支払いをする代わりに、設備投資の補助により初期費用を最小限に抑えられたり、ロゴやブランド名を使用することで集客アップが見込めるなどメリットがあります。

また、運営のサポートが受けられるケースも多く、「はじめるならまずはフランチャイズ契約で経営しよう」と考える方も多いようです。

ホテル経営対策4|事業の終わり=出口戦略を考える

最初から事業の終わりを考えることに抵抗を感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、ホテルに限らず経営を始める上で、出口戦略はとても重要です。

終わり方を決めておかないと、万が一経営がうまくいかなくなってしまった場合、赤字のままの経営を続けていくことになりかねないからです。

また、経営が成功している場合でも、経営者や従業員の高齢化によりホテルを手放さなければならなくなった際に、事業をたたむのか後継者に受け継ぐのかを考えておくことも出口戦略のひとつです。

さまざまなケースを想定した上で、事業の始まりと終わりを同時に考え計画することが大切なのです。

スーパーホテルのベンチャー支配人制度について

スーパーホテル 支配人

 

ここまで、ホテル経営におけるリスクや経営成功のポイントをご紹介してきました。

中には、ホテル経営にチャレンジしてみたいけれど、リスクを考えると躊躇してしまう…という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方に、スーパーホテルの『Super Dream Project』をおすすめします。

スーパーホテルでは、ベンチャー支配人・副支配人を募集しており、ご夫婦・カップルなどの男女ペアで応募することが可能です。

50日間の研修ののち、ベンチャー支配人として4年間の業務委託期間をスタートさせ、ホテル1棟の運営をお任せ。はじめに加盟金などの個人負担費用がかかる心配もありません。

90%以上の支配人が未経験からスタートしており、多数の方が経営ノウハウを身に着けて卒業されています。

支配人卒業後は下記のキャリアの選択ができます。

【卒業後のキャリア選択】

  • 契約延長
  • 法人契約
  • スーパーホテル社員
  • 海外店舗支配人
  • 独立

ホテル経営やマネジメントの経験がない方でも大丈夫。

4年間で2000万円近くの貯金も可能であることから、「将来お店を開きたい」「夢を実現したい」「貯金したい」「経営を学びたい」などと、起業・独立などの”夢”をお持ちの方が多数活躍しています。

支配人の業務内容は多岐にわたるため、誰でも簡単にできる仕事ではありません。その分、さまざまな経験を通してオリジナルの経営スタイルを確立できるチャンス。学ぶ意欲のある方には、とてもやりがいのある仕事です。

夢をお持ちの方、少しでも支配人の仕事にご興味をお持ちの方は、下記リンクよりチェックしていただき、まずは説明会にお越しください。

www.superhotel.co.jp

まとめ

この記事では、ホテル経営におけるリスクや経営成功に向けた対策やポイントについてご紹介してきました。

立地やターゲット、最新のトレンドなどをキャッチして、お客様のニーズに対してプラスアルファのサービスを提供していくことが、競合に埋もれない経営成功への第一歩と言えるのではないでしょうか。

建設費や設備費、人件費など膨大な費用がかかるため、フランチャイズ契約なども視野に入れておくと、収支のバランスの取れた安定した経営が可能です。

スーパーホテルのベンチャー支配人制度『Super Dream Project』なら、初期費用なしでホテル1棟を経営できるチャンスがありますよ。
最初から自分で経営をするのは自信がないという方は、まず業務委託支配人からスタートしてみるのはいかがでしょうか。

経営を始める際には、どのようにスタートし、どんな終わり方をするかまでシミュレーションしながら、多くのお客様から選ばれる魅力あるホテルを目指してくださいね。