スーパーホテルで働くベンチャー支配人の情報メディア

20代で転職するメリットは?成功させるポイントや注意点も解説

20代は、将来について考え、転職を検討し始める時期です。しかし、「未経験から転職できるのか」「どのような基準で企業を選べばよいのか」など、初めての転職活動で悩んでいる人も多いでしょう。 この記事では、20代で転職するメリットや成功するためのコツ、注意点、進め方について詳しく解説します。20代で転職を検討している人は、ぜひ参考にしてください。

20代で転職するメリット

20代で転職するメリットは、主に2つあります。ここでは、2つのメリットについて解説します。

ポテンシャルが重視される

20代前半で転職する場合、若さややる気など、ポテンシャルを重視してもらえます。
企業は、20代前半の応募者に対して、将来性を視野に採用を考えるためです。
ただし、20代後半になると、社会人としてのスキルや経験も評価されるため、ポテンシャルだけでは戦えません。
仕事に取り組む姿勢やコミュニケーション力、実績なども見られます。

未経験業種や職種に挑戦しやすい

20代のうちに転職を考えると、未経験の業界や職種への挑戦がしやすくなります。
20代は、新たな視点やスキルをもたらす可能性のある人材だと判断されるためです。
実際に「未経験者歓迎」の求人を出している企業は多くあります。

20代で転職を成功させるコツ

20代で転職を成功させるためには、押さえておくべきポイントがあります。
ここでは、5つのポイントについて解説します。

社会人として見られている意識を持つ

学生と異なり、少なからず社会人としての経験があるため、若さを加味した上で、社会人としての態度や対話も求められます。
例えば、「身なりが整っていない」「質問の意図を汲みとれない」などの行為が見られれば、どれだけポテンシャルがあると評価されても、採用につながりにくいでしょう。

自分の希望やスキル、経験を棚卸しする

20代で転職を成功させるためには、自分の希望やスキル、経験を整理し把握することが大切です。
自己分析をして、キャリアビジョンや将来像を洗い出すことで、「何を目指して転職するのか」「どのようなスキルを習得したいのか」「企業に貢献できることは何か」などを整理します。自分の目標を洗い出せば、志望動機を企業に合わせて最適化できます。

業界研究を行う

20代の転職活動において、業界の実態を理解することは重要です。
特に、未経験の業種や職種に挑戦する際は、ただイメージするだけではなく、具体的な実情を把握することが求められます。
実際に業界や職種の知識を深めることで、入社後も長く働き続けられるでしょう。

転職理由をポジティブに変換する

転職を考える理由には、ネガティブな要素が含まれることがあります。
しかし、面接や履歴書で転職理由を共有する際には、ネガティブな側面よりもポジティブな視点を強調することが大切です。
例えば、「人間関係の難しさ」や「過度な残業」が転職理由の場合は、「新たな人間関係を築きたい」や「ワークライフバランスを重視したい」など、ポジティブな内容に言い換えましょう。

現職を続けながら転職活動をする

20代で転職を成功させるためには、現職を続けながら転職活動をすることも大切です。
現職に就きながら転職活動をする場合、安定した収入を確保しつつ、適切な転職先を慎重に選べるためです。
収入が途切れてしまうと、転職活動にストレスを感じ、焦ってしまう可能性があります。
理想の転職先を見つけるためには、現職を続けつつも時間と資金を適切に管理し、転職活動に取り組みましょう。

20代で転職する際に気をつけたいこと

20代で転職する際には、注意すべき点もあります。ここでは、2つの注意点について解説します。

新卒採用時と同じアピールでは通用しない

新卒採用の際には、具体的なスキルや経験よりも、個々の人柄や学生時代に達成した成果が評価基準となります。
企業は、あなたがどのような人物であり、どのような価値観を持っているかを見て、その上であなたがその組織に適合するかどうかを判断します。
しかし、第二新卒以降の転職では、見られる観点が少し変わります。
ポテンシャルや伸びしろは引き続き重視されますが、それだけでなく社会人としての基本的なマナーやビジネススキルが身についているかどうかも見られます。

キャリアプランが不明確だと上手くいかない

20代の転職は、将来的なキャリアプランを明確にしてから進めましょう。
キャリアプランが定まっていないと、キャリアの方向性がぶれてしまい、転職を繰り返しかねません。
まずは、どのような仕事をしたいのか、転職活動の軸となる部分を決めることが大切です。

20代の転職の進め方

20代で転職活動をする際には、6つのステップを踏む必要があります。ここでは、それぞれのステップについて詳しく解説します。

1.自己分析

自己分析は、効果的な転職活動のための基本的なステップです。
自己分析が不十分だと、自身のスキルや経験を適切に評価した求人が見つけられない可能性があります。

2.求人探し

自己分析で明確になった自分の強みをもとに、求人を見つけましょう。
求人を探す手段は、求人サイトやハローワーク、転職エージェント、知人からの紹介など、さまざまです。
自分に最適な手段を使って、求人を探しましょう。

3.企業・業界研究

興味のある求人が見つけたら、企業や業界について調査しましょう。
企業の理念やカルチャーを理解するために、企業のWebサイトやSNS、レビューサイトなどを確認します。
また、業界研究により、業界の動向や未来の見通しを把握し、自身のキャリアプランに合うかを評価することも大切です。

4.書類の作成・応募

応募先の企業が決まったら、履歴書や職務経歴書の作成を進めます。
履歴書に設けられた項目は全て埋め、完成後に誤字脱字がないか必ずチェックしましょう。
職務経歴書には、職務経験から得たスキルや経験、達成した実績が明確に理解できるように具体的に記述します。

5.面接

書類選考に通ったら、企業との面接に進みます。
企業により、「一次面接」「二次面接」「最終面接」など、採用に至るまで複数の面接を設ける場合もあることを覚えておきましょう。

6.内定

面接に通過したら、企業からの内定を受け入れるか、辞退するかを選択します。
企業を待たせないためにも、内定をもらう前に返答を決定しておくとよいでしょう。

転職ではなく、独立する道もある

20代では転職だけでなく、独立や起業という選択肢もあります。
特に、自身のビジネスを立ち上げたいと考える人は、必要なスキルや経験を身につけるための一つの方法として、スーパーホテル支配人として働くことをおすすめします。
スーパーホテル支配人として働くメリットは、後述します。

スーパーホテルで働くメリット

「Super Dream Project」はスーパーホテルのベンチャー支配人制度で、夫婦やカップルがホテルの支配人・副支配人として働ける制度です。
以下では、この制度で働くメリットを解説します。

経営ノウハウを身につけられる

スーパーホテル支配人として働くと、企業経営に必要な知識やノウハウを身につけられます。
日本経営品質賞を受賞しているスーパーホテルでは、経営者として必要となる知識やスキルを実践的に学べます。

マネジメントや雇用経験が積める

マネジメントや雇用経験が積める点も、スーパーホテルで働くメリットです。
スーパーホテル支配人として、スタッフの採用や指導、業務改善などを行うことで、実際のマネジメント経験を積めます。

起業資金が貯められる

スーパーホテル支配人として勤務することは、起業資金を貯めるための有効な手段にもなります。
特に、自身のビジネスを立ち上げる目的を持っている人や、仕事をしながら将来のビジネスプランを考えたい人におすすめです。

まとめ

20代での転職は、新たなキャリアのスタートとして有益な選択です。
実際に、ポテンシャルや未経験業種への挑戦を評価する企業は多く存在します。
また、20代では転職だけでなく、独立や起業という選択肢もあります。
自分のビジネスを立ち上げたい人や、将来的に必要なスキルや経験を身につけたい人は、スーパーホテル支配人として働くこともおすすめします。
スーパーホテル支配人の働き方について詳しく知りたい方は、下記をご覧いただき、まずは説明会にご参加ください。