スーパーホテルで働くベンチャー支配人の情報メディア

スーパーホテルのベンチャー支配人になる前に不安なこと【トップ5】をご紹介!

ホテル支配人 不安

スーパーホテルでは、Super Dream Projectとしてベンチャー支配人を募集しています。

ホテルの最高責任者であるホテル支配人は、「ホテルで働きたい」「いつかはホテル経営をしてみたい」と思う方にとって憧れの存在ですよね。

一方で、責任あるポジションなだけに「やってみたいけれど本当にできるだろうか…」と不安に感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

本記事では、スーパーホテルの支配人募集説明会で行ったアンケートをもとに、支配人を目指す上で不安に感じることトップ5を解説!

実際にスーパーホテル支配人として活躍する先輩たちの声も合わせてご紹介しています。

支配人を目指す上で不安に感じることトップ5

スーパーホテルの支配人を目指す方たちは、どのようなことに不安を感じているのでしょうか?
数々のベンチャー支配人を育ててきたスーパーホテルでは、説明会参加者に向けて「支配人になる上で不安に思うこと」についてアンケート調査を実施。
アンケート結果のトップ5をご紹介します。

第5位|スタッフを雇用すること

f:id:superdreamproject:20210705174707j:plain

これまで経営者としての経験がない方であれば、「面接・採用はどのようにしたらいいのだろう?」「しっかりと育成できるだろうか」など、“人を雇う”ことに対する疑問や不安も多いと思います。

スーパーホテルでは、50日間の研修の中で、“スタッフの雇用”についても丁寧に指導。
募集の仕方やスタッフの育成・指導の仕方など、スタッフを雇用する上で必要なことはしっかりお伝えします。

実際に支配人として活躍している先輩たちも、以前は会社員として勤務してきた方ばかり。初めてスタッフの雇用を経験した支配人も、信頼できるスタッフを雇用することができ、安心して支配人の仕事に専念できていると言います。
また、支配人としてスタッフを雇用する経験は、独立後にも活かされていますよ。

■先輩支配人の声

・研修で、面接でのポイントをしっかり学べたお陰で、信頼できるスタッフたちに出会うことができた。
・一緒に働くアテンダントスタッフたちとは信頼関係や深い絆が生まれ、安心して仕事を任せられている。
・支配人としてマネジメントを経験したからこそ、独立後も安心してスタッフの雇用や育成に取り組めている。

※アテンダントスタッフとは…スーパーホテルで働くアルバイトスタッフのこと。ベンチャー支配人自らの裁量で面接・採用することが可能です。

第4位|個人事業主になること

個人事業主 手続き

スーパーホテルのベンチャー支配人は、業務委託契約となるため、個人事業主として勤務することになります。

そのため、確定申告や保険、売上げの管理など、自分自身で管理したり手続きしたりしなければいけいないことが山積み。

そうしたことに不安を感じるという声も多く聞かれました。

スーパーホテルの本社スタッフは、数多くの支配人を受け入れてきた経験から、個人事業主として必要な手続きや管理に関する知識が豊富に備わっています。

また、他のホテルの支配人との横のつながりも強く、先輩支配人にも気軽に相談できる体制。
先輩から教わりながら手続きを進めたという方もいらっしゃるんですよ。

■先輩支配人の声

・最初は確定申告や売上げ管理で戸惑うこともあったが、本社のスタッフにサポートしてもらいながらスムーズに進めることができた。

・迷ったり分からないことがあった際は、他のホテルの先輩支配人に相談しながら進められるため、初めてでも安心して運営できている。

もちろん経理などの経験や知識は強みになりますが、そうした知識のない方もたくさん活躍していますよ。

第3位|全国勤務ということ

夫婦 経営

全国にホテルを構える企業の場合、どのホテルに着任するかは人事に委ねられているケースがほとんど。

スーパーホテルでも、支配人がどのホテルに着任するかはスキルや特性を考えて決定します。そのため、「行ったことのない土地で働くのは不安…」と思われる方もいらっしゃいます。

スーパーホテルのベンチャー支配人制度の場合、男女2人での応募が条件のひとつ。
ご夫婦やカップルなど、信頼できるパートナーと共に働けるため、初めての土地であっても不安は少ないという声が多く聞かれました。

■先輩支配人の声

行ったことのない土地に夫婦で着任できるのはワクワクする!一人では不安に思うことも、パートナーと一緒なら楽しみに変わり安心して着任できた。

また、「土地勘もなく最初は大変だった」と話す先輩たちも、「新しい土地の魅力や特性に触れることができ、良い経験ができた!」と振り返っていましたよ。


(↓)先輩支配人が各地のホテルで経験した体験談についてはこちらの記事もご覧ください。

www.sh-dream.jp

第2位|ホテル勤務が未経験ということ

ホテル 接客 未経験

ホテルでの勤務経験がない方にとって、ホテル支配人になるには少々ハードルが高いと感じる方もいらっしゃることでしょう。未経験の世界に飛び込むことは誰しも不安を抱えるものです。

実はスーパーホテルでは、活躍する支配人の90%以上がホテル未経験者!
営業職、飲食業、販売・サービス業、事務職など、まったくの異業種から飛び込んできた方が多く活躍しています。

スーパーホテルの研修は、「経営塾」とも呼ばれるほど独立や開業のためのノウハウが詰まった内容。

まったくの未経験であっても、50日間の研修と、研修後も手厚いサポート体制があるため、ホテル一棟を運営できるだけのスキルを身に付けることができます。安心して飛び込んできてくださいね。

■先輩支配人の声

・異業種から起業を目的に応募。接客経験もなく不安だったが研修と十分すぎるほどのサポートのお陰で安心して支配人としてデビューできた。

・まったくの未経験で右も左もわからない状態でのスタート。50日間の研修を通してノウハウを吸収し、今では「何があっても大丈夫!」と余裕を持って運営できている。

(↓)未経験から始めた先輩支配人の声についてはこちらの記事もご覧ください。

www.sh-dream.jp

第1位|語学力に自信がないこと

f:id:superdreamproject:20210706164410j:plain
外国人観光客や外国人雇用者の数が年々増加傾向にあることから、「語学力がないとホテルで働くのは難しそう…」と懸念されている方も多いと思います。実際に、語学力を働くうえでの必須条件としているホテルがあるのも事実です。

スーパーホテルでは、ポケトーク(翻訳機)を常設しているため、語学力のない方でも安心!

実際に現役の支配人は英語を話せない方も多数活躍しています。日本語以外話せない…という方も大丈夫ですよ。

スーパーホテルの支配人には、自由にアルバイトを募集・採用する権限があります。英語を話せるアテンダントスタッフを採用するなど、工夫することで外国人のお客様にも対応可能です。

もちろん、英語や中国語、韓国語などの語学力があれば活かせる場面も多く強みになりますが、語学力がないからといって不安に感じる必要はありませんよ。

■先輩支配人の声

海外からのお客様の多い京都での配属となり不安だったが、ポケトーク(翻訳機)を使って問題なくコミュニケーションが取れている。少しずつ自分でも英語で対応できるよう勉強中!

まとめ

スーパーホテル 支配人

ホテル支配人を目指す方にとって、雇用や語学、未経験でのスタートなど、不安は尽きないと思います。

スーパーホテルでは、そうした不安を感じることなく未経験でもホテル支配人を目指せるよう、丁寧な研修制度や充実のサポート体制を整えています。

スーパーホテルのベンチャー支配人・副支配人制度では、【初期投資ゼロ】でホテル支配人・副支配人を目指すことが可能。
ご夫婦やカップルなど男女2人で応募することのできる制度です。

【50日間の手厚い研修制度】では、ホテルの基本的な業務や接客スキル、スタッフの雇用や経営ノウハウまで徹底的に指導。
そうしたサポート体制があるからこそ、90%以上の支配人が未経験からスタートしているのです。

まったくの異業種から支配人デビューした方も、ホテル一棟を丸ごと運営するという大きな裁量を持ちながら、夢に向かって切磋琢磨しています。

支配人としての業務委託期間の4年間で、2000万円近い貯蓄の実現も可能なことから、「将来は自分のお店を持ちたい」「夢を叶えたい」など、企業や独立を目指す方が多数活躍。

(↓)本記事掲載の『ふたりごと』では、ベンチャー支配人制度で夢を叶えた支配人たちの体験談や、ホテル支配人の仕事についての記事などを多数掲載しています。ぜひ他の記事もチェックしてみてくださいね。

www.sh-dream.jp

「経営や独立に興味がある」
「夫婦で夢を叶えたい」
「ゼロから経営のノウハウを学びたい」

そのような想いを抱いている方は、ぜひスーパーホテルのベンチャー支配人制度でチャレンジしてみませんか?

少しでもご興味をお持ちいただけましたら、下記リンクより詳細をチェックしてみてくださいね。