スーパーホテルで働くベンチャー支配人の情報メディア

【後編】スーパーホテル卒業後、ビジネスホテル「やどまる美祢」オープン

夢をかなえた卒業生ご紹介する夢の実現シリーズ

今回は前回ご紹介したF元支配人のインタビュー記事、【前編】親の老後の面倒を見るために支配人にチャレンジ!30点の自分から「1位」を目指すきっかけの後編!

www.sh-dream.jp

 

藤原支配人⑨.jpg

Fさんのこれまでのご経歴について改めてご紹介します。

  • 2012年11月  スーパーホテル高岡駅南 着任
  • 2014年11月  スーパーホテル千葉駅前 着任
  • 2016年11月  スーパーホテル契約満了により卒業
  • 2017年12月  【やどまる美祢】オープン

「親の老後の面倒をみるため」にスーパーホテルへ挑戦された、"誰かのために動けるパワー"をお持ちのF元支配人。

前編では、I元支配人との出会いがきっかけで卒業前に年間稼働率全国2位の実績をあげることができたのだとおっしゃっていました。

卒業後はビジネスホテルやどまる美祢】をオープンして経営者に。

www.yadomaru.com

集客からHP作成、簿記の資格を取得して会計や税務の知識習得まで、すべてご自身で回すためにローコスト運営をされていらっしゃいます。

 

今回の後編では、卒業後にホテルを開業するにあたりどのようなことに力を入れたのか、スーパーホテルで学んだ経営力などについて語っていただきました。

最後に、これから支配人を目指す方への熱いメッセージもいただきましたよ!

ローコスト運営を意識して「やどまる美祢」をオープン!

――「やどまる美祢」をオープンするにあたり、どのようなことを準備されましたか?

 

Fさん:

卒業後はまず出店地を探しましたね。

「稼働率が高くて競合が少ないエリア」を見つけて、事業計画を作成しました。

金融機関に借入を依頼しにいったところ、「事業計画をしっかり作成していること」「出店地の見込みデータを出していること」「スーパーホテルで年間稼働率全国2位になった実績」をエビデンスに、個人借入の相場を上回る金額を借り入れることができました。

 

計画としては、"ローコスト運営"を目的に、自分1人でまわすことを軸にいろいろ考えていました。

あとは、スーパーホテルでの4年間でのお客様のお叱りの声をプラスにして、設計を考えました。

藤原支配人③.jpg

ホテルシステム導入は経費もかなりかかるので、エクセルの勉強をして独自のホテルシステムを作成しました。

HP作成にはワードプレスを利用してドメイン代のみで済ませましたね。

会計や税務に関しては専門的な知識を必要とするので、全経簿記の4級・3級を取得、税理士を雇わず自分で知識を習得。

集客については、スーパーホテルでの経験をもとに、「ネット集客」に力を入れました。

やどまる②.jpg

こういった努力を積み重ね、徹底的なコストダウンを図りながらも、やどまる美祢】をオープン。

全11室で、1人で運営しています。

ホテル内に住居があり、元副支配人である妻と息子の3人で暮らしています。

「頑張らない、考える。」今の経営スタイルの確立

――支配人の頃と現在で、大きく変わった点は何ですか?

 

Fさん:

スーパーホテルの4年間、自分なりの経営が磨かれましたね。

忙しい日々を送る中で磨かれてたどり着いた考えのひとつは、

「頑張らない、考える。」

 

自分自身がピンチになったり、壁にぶつかった時のマインドです。

がむしゃらな頑張りも必要です。

でもそれ以上に大切なのは、結果を出す為にどれだけ「考える」か。

いかに勉強して目的を達成するか。

「勝つ」ことに意味があるのだという考えにたどり着きました。

このマインドは、今の自分の経営スタイルとなりましたね。

スーパーホテルは経営塾。すべての経験が財産に

――スーパーホテルで得たものについて教えてください。

 

Fさん:

支配人として経験させていただいた4年間の全てが、スーパーホテルで得たものです。

当時、山村社長(現山村相談役)が、「スーパーホテルは経営塾だ」とおっしゃっていました。

初めて聞いた当初は、なぜスーパーホテルが経営塾なのかあまり理解できていなかったんです。

経営の成功法は、Aさんにとっては活きても、Bさんには活きないこともあります。

自分なりに何がベストな経営なのかは、その一人一人の経営者のキャラクターによって全く変わってくると思います。

 

私の支配人としての4年間を振り返ってみると、泣いたり、笑ったり、毎日の一つ一つの経験が成長への糧となり、自分の考え方・経営スタイルとして磨かれていったように感じます。

そう考えると、たしかにスーパーホテルは「経営塾」だったんだなと、今になって思いますね。

感謝しかありません。

4年間で700万円の仕送りで親の生活を援助

――スーパーホテルを始めた目的に対し、プラスになったことはありますか?

 

Fさん:

スーパーホテルの門をたたいたきっかけは、親の老後の面倒をみるためでした。

実は、その半年後に母親が倒れ、車いす生活になってしまったんです。

私はスーパーホテルで働きながら、母に毎月18万円の仕送りを続けました。

 

その後も、母親が危篤状態となった時もありましたが、支配人の立場として本来であればホテルを空けることができない、そんな私のために店舗担当の方がかけつけてくださって、帰郷することができました。

スーパーホテルには本当に感謝しかないですね。

現在も母親は元気に生活していて、今でも、スーパーホテルの頃ほどではないものの、仕送りを続けています。

藤原支配人⑤.jpg

母が車いす生活になることなど、当初は予想もしていなかったので、自分たちの目的に対してより現実味を感じながらも、4年間で700万円という金額の仕送りができたことは大きいです。

これはスーパーホテルじゃなかったらできなかったことだなと思います。

 

そして何より、スーパーホテルで得たのはお金だけではありません。

4年間すべての経験が収穫です。新たな自分を見つけることもでき、今の自分につながっています。

 

――今後の目標について教えてください。

 

Fさん:

しばらくは事業家として「やどまる美祢」の運営を続けるつもりです。

もし10年後、息子がホテルをやりたいと言い出すのであれば継いでもらうために事業を大きくすることもあるかもしれません。

でも、息子には私のように好きなことをやってもらいたいという想いがあるので、将来のことはまだわかりません。

やどまる③.jpg

ホテル経営を通して気づいたことがあります。

私は数字が好きなのかもしれません。

最近では投資にも興味がでてきて、「投資家」になりたいという考えもあります。

最終的には、また大好きな音楽でも作りながらのんびり生活したいという想いもあります。

これからのことは、自分の想いと家族の想いをかけあわせ、じっくり話し合って考えていきたいですね。

貯金のためより、「1位」を目指して頑張ってほしい

――支配人を目指している方へメッセージをお願いします。

 

Fさん:

支配人としてせっかく経験できるチャンスをもらえたなら、数億の金額を動かすほどの経営手腕を磨いてほしいです。

裁量権を持たせてもらう中で、貯金だけが目標というのはもったいないです。

お金は使えばなくなりますが、稼ぐ力があればまた手に入りますからね。

 

集客力でも、人をマネジメントする力でも、「自分が学びたい」と思えば経営スキルは手に入る、それがスーパーホテルです。

貯金という目標をもつのであれば、何でもいいので「1位」を目指してみて下さい。

例えば、「年間稼働率1位」でも良いと思います。お金はそこについてきます。

 

山村元社長もおっしゃっていましたが、2位は無名、1位にならないと残らないんです。

これはどこの業界でも同じです。

私自身、1位目指して頑張った結果、集客の力がついて事業ができるようになったんです。

 

まずはお客様を呼び込める魅力のある店舗作りをしてみてください。

お客様に喜んでいただくために、自分のキャパシティの中で最大限努力しましょう。

その中で、嬉しいお言葉もお叱りのお言葉もたくさん受けます。

そのすべての経験が勉強であり、自分のものになって磨かれていくのだと思います。

 

人生はすべてが本番で、すべてが明日への練習。

行き詰まっても失敗しても、半分明日への練習だと思えば気が軽くなりますし、明日のモチベーションにもなります。

チャレンジするか悩んでいるならぜひチャレンジしてほしいですね。

楽しい4年間が待っていますよ。

 

最後にもう一度言いますが...

「ぜひ、1位を目指して頑張って下さい!」

藤原支配人⑧.jpg

インタビュー後記

インタビューに伺った際、Fさんはお客様にとても物腰柔らかなあたたかい接客をされていていました。

スーパーホテル時代のお写真と変わらず、笑顔も素敵で明るい方でしたよ。

現在、奥様(元副支配人)は子育てに専念されており、「やどまる美祢」はお1人で運営されているそうです。

インタビューでは、経営のお話や、支配人時代の運営に関して、内に秘める熱い想いを感じました。

<<前編をもう一度チェックしたいという方はコチラ>>

インタビューの中で「"スーパーホテルは経営塾"だという意味が、入ってみて理解できた」のだとおっしゃっていたF元支配人。

スーパーホテルでの経験・日々のすべてが自身の経営力を磨くための勉強だったと語って下さいました。

スーパーホテルでは、『Super Dream Project』を通して資金貯蓄をしながら、経営ノウハウや接客マナー、人材育成など幅広く学ぶことができます。

日々の経験を通してあなたらしい経営スタイルを確立していってくださいね。

ベンチャー支配人として4年間の業務委託期間を経て、卒業後は下記のキャリアの選択ができます。

 

【卒業後のキャリア選択】

  • 契約延長
  • 法人契約
  • スーパーホテル社員
  • 海外店舗支配人
  • 独立

ホテル経営やマネジメントの経験がない方でも大丈夫。ご夫婦でのご応募も大歓迎です!

気になる方は、まずは説明会にお越しください。

『ふたりごと』では、夢を実現した卒業生をたくさんご紹介しています。

他記事もぜひチェックしてみてくださいね!

www.superhotel.co.jp