スーパーホテルで働くベンチャー支配人の情報メディア

謎のプライベートに迫る|支配人インタビュー(鈴鹿編)|

こんにちは。

田舎者であることをひた隠しにしながら生きている特命記者Mです。

夢は、東京から田舎へ移住すること!?

今回はスーパーホテル鈴鹿(現在は新店立ち上げ準備中)の

K支配人、M副支配人にお話しを伺ってきました。

鈴鹿_後ろ姿.jpg

もともとは大手外食チェーンにお勤めだったおふたり。

まずはお決まりのベンチャー支配人という働き方を選んだ理由

伺ってみると、こんな言葉が返ってきました。

 

●支配人

「東京での生活に区切りをつけたかったんです。

 これからは地方の田舎に移り住んで、

 人のいないところでのんびりと生活がしたいんですよね。」

 

●特命記者M

「はい?」

 

思わず聞き返す私。

 

●支配人

「東京での生活は物質的には豊かです。

 お金を稼ぐことに困ることもありません。

 でも、出費も多いじゃないですか。

 それよりも田園風景の広がるような田舎で

 ふたりでお店でもしながら、

 のんびりと暮らしていく方がいいと思いません?」

 

●特命記者M

「確かに...」

 

田舎生まれ、田舎育ちであることを、

ひた隠しにして生きてきた自分が恥ずかしくなります。

エンジョイ鈴鹿ライフ

●特命記者M

「ここ鈴鹿も地方にはなると思うのですが、

 生活してみてどうですか?」

鈴鹿_外.jpg

●支配人

「こうやってベンチャー支配人にならなければ

 来ることがなかった土地で生活できるのも、

 この仕事の魅力のひとつ。

 地方に移住する予行演習みたいな感じで、

 鈴鹿ライフを満喫しています。

 ここはそこまで田舎ではないので、

 日常生活において不便さを感じることはありませんが。」

 

●特命記者M

「ちなみに仕事以外の

 プライベートな時間はどう過ごされているんですか?」

 

●副支配人

スタッフに店舗を任せて、

 二人で出かけることもよくありました

 伊勢に行ったり、名古屋に行ったり。

 ときには午前中から出かけて、

 ランチから楽しむことも。

 

 支配人は釣りが趣味なので、

 ネットで釣り道具を取り寄せては、

 バス釣りに出かけることもよくありました。

 私もここに来てから

 ネットでタロット占いのセットを買って

 勉強しているところです。」

 

●特命記者M

「楽しそうでいいですね!」

 

プライベートも大切にしながら

ゆとりを持って取り組まれるお二人。

お二人のようにスタッフを育成すれば、

無理なく楽しく働けるんですね。

ルアー.jpg

タロット.jpg

目標額は2000万円

●特命記者M

「ところで、夢は叶いそうですか?」

 

●支配人

「卒業したら、

 信州か山梨に移住したいと考えています。

 ここへ来て2年が経ちましたが、

 計画通り貯金もできています

 ひとまず2000万円は貯めたいと思っていますが、

 移住先でかかる資金を見積もって

 足りないようであれば

 もう1年延長するかもしれません。」

 

2000万円を元手に

東京でできることと田舎でできることには

大きな違いがありそうです。

そう考えると、田舎も捨てたもんじゃないかも。

 

お二人の他にも、

卒業後、農業にチャレンジされている方もいらっしゃるなど、

いろんな夢を描き、

いろんな生き方を実現できるところが

ベンチャー支配人の魅力なんですね。