スーパーホテルで働くベンチャー支配人の情報メディア

働くうちに「独立後の方向性」を見極められた|卒業支配人インタビュー|

今回ご紹介する夢を実現させた卒業生は、ベンチャー支配人を卒業後、独立の道を選ばれ、ヨガスタジオなどをご家族で経営されているJさん・Yさんご夫妻です。

ヨガスタジオ re-light

J元支配人・Y元副支配人


ご夫妻は、スーパーホテル卒業後2ヶ月で、【株式会社feliz】を設立。
4か月後に念願のヨガスタジオをオープンさせました。

 

業務委託支配人から独立・ヨガスタジオをオープン

Jさん・Yさんご夫妻は、スーパーホテルの業務委託支配人としてキャリアをスタート。4年の契約期間を満了後、現在は青森県で会社を経営されています。
これまでのご経歴はこちら。

  • 2011年09月 スーパーホテル北見(北海道) 着任
  • 2013年03月 スーパーホテル東京・JR新小岩 着任
  • 2015年11月 卒業
  • 2016年01月 【株式会社feliz】設立
  • 2016年04月 ヨガスタジオ「re-light」オープン
  • 2019年09月  ヨガインストラクター養成校リライトヨガスクール開校

 

ヨガインストラクター養成校

目標だったヨガスタジオのオープンだけでなく、インストラクターの養成校も開校
今後は、学校事業への展開も考えられているそうです!

きっかけは、雇われない仕事をしたいと思ったから

――支配人になったきっかけはなんでしたか?

Jさん:
私が妻を誘いました。
当時の仕事環境に不満があり、現場での決裁権のなさにストレスを感じていました。
人間関係でしんどい思いをしていたことから、雇われない仕事をしたいと思うようになったんです。

まずは、お金を貯めて独立しようと考えました。
スーパーホテルの制度なら期間限定だから、その間は頑張って、将来また違う事業をやろうって。

その時点では、トラベルカフェを将来の目的にスーパーホテルの支配人となりました。
 

――奥様は反対されませんでしたか?

Yさん:
実は、2度誘われたのですが、できれば着任地を選べる仕事の方がいいなぁと思って。
行くなら私の地元、青森県弘前市の店舗が良かったんですよね。

でも、もう1度誘われたときに、私も夫と同じような仕事をしていたから「雇われない仕事をしたい」気持ちもわかるなぁって考えなおしました。
私はホテルでの職務経験もあったし、仕事をこなせる自信がありました。

だから、やってもいいよって言ったんです。

着任先のアテンダントスタッフの優秀さに何度も助けられた

――スーパーホテルのお仕事で、大変だったことはありますか?

Jさん:
支配人として1店舗は、北海道北見市に着任したのですが、とにかく寒かったですね。ですが、フロントも朝食もアテンダントスタッフが優秀で、ベテランのスタッフたちに助けられて困ったことはありません。

退路を断って覚悟を決めてきたから、やるしかないと思っていましたし、契約期間の4年というゴールも決まっていたので頑張れました。
 

Yさん:
私は朝起きるのがちょっと苦手でして…朝食と経理の業務で早起きが大変でしたね(笑)
でも、業務で大変だな、辞めたいな、と思うようなことは何もありませんでしたよ。

あとは、言われてみれば、設備が大変だったかもしれません。
警報機が4時間も止まらなかったこともありましたね。

経年劣化でゆがんでしまっていたのか、ユニットバスの扉が開かなくなってしまったり、毎日どこかの設備で不備があって、客室にあがって対応していました。
 

Jさん:
一番大変だったのは、寒さで配水管が壊れてエレベーターの真下にプールみたいに水が溜まってしまい、エレベーターが作動しなくなってしまったことですね。
あの時は、お客様に階段を利用してもらうなど、直るまで対応に追われました。

そんな北見に慣れたころに、「新店をやってみないか?」とお声がけがありました。
2店舗目は新店に着任、立ち上げからという私にとって貴重な経験です。

ホテル運営

休日もお互いのペースでそれぞれ楽しむスタイルへ

――休日はどのように過ごしていましたか?

 
Jさん:
私たちは、1日ずつ交代制で休みを取るようにしていたんです。私はテニスをしに出かけたり、妻を起こさないように部屋でヘッドホンをつけてゲームをしたりしていました。

Yさん:
私は、近くの温泉やジムに通ったり、基本的にのんびり休日を過ごしていました。
2人で出かけるのは、たまに近場で外食に行くくらいで、各々楽しんで過ごしていましたよ!

趣味でやっていた「ヨガ」をビジネスに!

――現在のヨガスタジオの事業を考えはじめたのはいつ頃でしたか?

Jさん:
2店舗目の東京都葛飾区の新小岩で働いているころからですね。

Yさん:
私の妹が弘前でヨガのインストラクターになりたいと言っていたんです。
同じころ、私も東京でヨガスタジオに通っていたので、そこで意気投合しました。

「姉妹でヨガスタジオをやろう!」と。

東京や大阪は、ヨガ教室がたくさんありますよね。
一方、私たち姉妹の地元・青森には、当時ヨガスタジオはほぼゼロ。競合がおらず、いい市場だと感じました。

夫は「業種はなんでもいいけど、マネジメントがしたい」という希望があったので、「じゃあ3人で一緒にやろう!」となったんです。

青森で人員を募集しても、インストラクターから応募があるか分からなかったので、自分自身もインストラクターの資格を取ろうと、休みを利用して取得。

東京にいるうちに、やれることを全部やろう!とヨガの資格もたくさん取りましたね。オープンするヨガスタジオのコンセプトを決めるために、色々まわったり、家具を見に行ったりも。

最後の1年は支配人・副支配人業務だけではなく、休みの日も精力的に動いていたので、かなりハードな日々でした。

ヨガスタジオ

そんな日々だったので、物件探しは妹に代わりに行ってもらったんです。

出店する弘前市は、北海道と雪深さが似ているエリア。駐車場は必須ですが雪かきが大変ということを踏まえ、駐車場付きの商業施設に絞って探しました。

準備を進めていく中で、地元の会社で開業のサポートをしてもらうことになり、会計事務所の社長さんに今の物件をご紹介いただいたんです。

Jさん:
今になって思うことは、「目標を決めておかないと貯金ができない」ということ。決まっていないと、ずるずるとお金を使ってしまいます。

目標が決まっていれば、独立にいくらかかるなど、必要額が逆算できるので貯蓄ができるようになります。

私たちは独立するまでに2000万円弱貯金することができました。
ですが、もうすこし早く目標を決められていれば、もっと貯められたのかも…とも思います。

開業資金としては問題ありませんでしたが、運転資金として念のため銀行の創業融資も利用して1000万円借りました。
未経験の事業でしたが、みんなで徹底的に調べ上げて分厚い事業計画を提出したんです。そうしたら、慎重な銀行も計画書を見て信用してくれました。

そして無事、ヨガスタジオ「re-light」を開業することができました。
1年目は計画通りに。2年目からも順調です。
今は、支配人のときの収入を超えて暮らせていますよ。

Jさん:
私たちの経験からですが、貯金だけで事業を始めるよりも、金融機関は利用した方がいいと思います。

金融機関との信頼関係を築くことで、コロナ禍で必要な時に金融機関から融資の申し出があったり手助けをしてくれますよ。 

ヨガスタジオ

スーパーホテルで得られたもの

――支配人の頃と現在とで、大きく変わった部分はありますか?

Jさん:
リスクの大きさですね。
会社経営と、スーパーホテルの個人事業主はリスクの大きさがまったくの別物。
事業を立ち上げたら、「毎月暮らしていけるかどうか」と不安がついてまわります。
そこが全然違いますね。

先行きの見えない不安があります。自信はありますが、常に心配はしています。
何をするにも、リスクについて必ず考えるようになりましたね。

――スーパーホテルで得られたものはなんですか?

Jさん:
スーパーホテルの運営を通して、夢の方向性を変えられたことですね。

妻の地元、弘前市で「何か事業をやりたい」と考えたときに、最初の目標だったトラベルカフェよりも、もっと別の事業の方がいいのでは?と考えるようになりました。

スーパーホテルで働いた経験があったからこその決断です。

Yさん:
スーパーホテルで朝食業務を交代でやっていく中で、発注、摂食率を予測することなどの難しさを経験しました。
食材の廃棄率なども考えると、個人で飲食店経営するとしたらリスクが怖いと実感しました。

加えて、弘前市は海外旅行率が低いことも分かり、「トラベルカフェ」ではなく違う事業をやろうと、二人で方向性を変えたんです。

Jさん:
あとは、新小岩での立ち上げ経験も大きいです。
前職でも立ち上げの経験はありましたが、ホテルはまた全然違って、勉強になりましたね。

ヨガスタジオのオープン前1ヶ月間の動き方は、スーパーホテルでの立ち上げ経験が役立ちました。
広告へのお金のかけ方、何週間前までにチラシをまきはじめ、どのタイミングで使うかなど。今に活かされています。

Yさん:
お互いの働き方についても得るものがたくさんあったんですよ。
家での姿と、仕事での姿の違い。
仕事中の癖や、苦手な分野、得意な分野などがスーパーホテル時代によく分かりました。

スーパーホテルでやっていた分業を、そのまま今の仕事に活かしています。
私が社長で、夫が専務、お互いの得意分野を活かした役割分担ですね。

ヨガスタジオなので、夫は裏方にまわって経営を。
私は自らもヨガインストラクターになり、インストラクターとしてスクール講師としても表に出て、ヨガを広めていっています。

ヨガインストラクター

夢の実現はまだまだ続き、進化していく

――今後の目標について教えてください。

Jさん:
スタジオ以外にも、学校事業も始めました。
インストラクター養成校リライトヨガスクールを作って、一昨年からスタートしています。

ヨガスタジオは、もう1店舗増やす計画でしたが、このコロナ禍でいったんリストアウト。新しくスタジオを作るのは今ではない、と考えています。

ありがたいことにお客様からお声はいただいているのですが、また同じようにコロナによる自粛が起きたときのリスクを考えると、新規出店は難しいですね。

Yさん:
時代の流れに合わせることは大切だと考えていて、私たちもオンライン授業をはじめました。
動画での授業も始める予定です。YouTubeチャンネルを開設して、どんどん配信していますよ。
 

www.youtube.com
 

動画は広告としての役割も果たせるので、動画配信から次の展開へつながっていけばいいと考えています。
同じことばかりしていても、時代は変わっていきますし、ニーズも変わっていく。常に進化が必要ですね。

Jさん:
たとえば、オンラインで今やっているのは、シニア施設向けのシニアヨガです。
介護施設でも、デイサービスや面会ができないような状態の中、インストラクターを派遣せずに画面越しでヨガができます。

シニア向けに、椅子に座ったまま、車椅子の状態でもヨガができるようにしています。ちょうど先日、試しに1件やってみたところです。

今後はこの取り組みを本格的に広げていくことが目標ですね。
シニアヨガ

とりあえず挑戦してみませんか?

――これから支配人を目指す方へメッセージをお願いします。

Yさん:
やりたいことが明確に決まっているなら、一定期間頑張ってみるといいと思います。
もしやりたいことが決まっていなくても、スーパーホテルでの契約期間中にやりたいことが明確になるかもしれません。
私たちも、途中からやりたいことが明確になったので。

Jさん:
いきなり起業するより、会社が守ってくれてリスクが少ない支配人制度はオススメです。

情報に振り回されず、やってみたいと思ったら自分で経験するのがいいと思います。
自分で決断したことであれば、後悔しないはずです。

とりあえず挑戦してみませんか?

ダメでも、借金を背負うわけではないので、大丈夫です。
思い切って挑戦すると、やりたいことが見つかるかもしれませんよ。

インタビュー後記

ご夫妻の空気感がとてもよく、明るくサバサバとしたお二人でした。
冗談を交えながら、笑顔と笑いの絶えないインタビューでしたよ。

設備の不備対応やクレーム対応も、きっと当時は大変だったことと思いますが、大変さを感じさせずお話されていました。
JさんもYさんも、役割をきっちりと分けてお互いの事を信頼していらっしゃるなと感じましたね。

お二人は経営者として常に進化していかなければと、常に時代に合わせて生き残っていく方法を考えて行動されています。
「リスクを考える」という言葉は、お話の中でもたびたび出てきていました。

やりたいことが決まっているなら一定期間頑張ってみること。
決まっていなくても、まずは挑戦してみるということ。

そんなチャレンジャーで、パワーのあるお二人だからこそ、夢の実現・成功させることができたのだろうなと感じました!

スーパーホテルでは、『Super Dream Project』を通して、資金貯蓄をしながら、経営ノウハウや接客マナー、人材育成など幅広く学ぶことができます。
日々の経験を通してあなたらしい経営スタイルを確立することができ、夢の実現の基盤としてスーパーホテルでのすべての経験が糧となります。

ベンチャー支配人として4年間の業務委託期間を経て、卒業後は下記のキャリアの選択ができます。
 

【卒業後のキャリア選択】

  • 契約延長
  • 法人契約
  • スーパーホテル社員
  • 海外店舗支配人
  • 独立

ホテル経営やマネジメントの経験がない方でも大丈夫。
ご夫婦でのご応募、大歓迎です!
気になる方は、まずは説明会にお越しください。

ふたりごとでは、夢を実現した卒業生をたくさんご紹介しています。
他記事もぜひチェックしてみてくださいね!